いつまでも元気でいて

獣医

自分で歩ける幸せを

犬も人間と同じく、老化や何らかの事故などにより歩行が困難になる場合があります。人間の場合、歩行器や松葉杖、義足・車椅子と選択肢も多いのですが、犬の場合は犬の車椅子を使って動かせる前足で歩行するという方法が取られます。犬の多くは後ろ足の筋力から低下していき、腰の動きが悪くなったり、踏ん張ることができなくなって歩行困難になることが多い症状です。後ろ足が動かなくなることで寝たきりになったりすると、元気だった前足も筋力が低下していき、やがて立ち上がることもできなくなってしまいがちです。前足が衰えてしまわないうちに、車椅子を使用することで歩行の助けとなり、自分の力で行動したり散歩ができるようになるのです。

通信販売でも購入可能

犬は散歩することでマーキングなどを行い、ストレスを解消します。また適度な運動で肥満を防いだり飼い主とのコミュニケーションをとることができます。歩行困難になってしまうと、飼い主の負担も増えるばかりでなく、犬にも多大なストレスがかかります。特に狩猟犬や使役犬のようなタイプは、歩けなくなることで元気がなくなってしまいます。車椅子は前足や体全体の筋力低下を防ぐとともに、散歩や行動ができるという喜びも与えてくれます。飼い主の中では自作の車椅子を作る人もいますが、近年では通信販売やお試しができるレンタルをする業者もありますので、怪我や体躯に合わせた素材を選ぶこともできます。前足に負担をかけず、装着も簡単なタイプが売れています。